大井みどり動物病院のロゴ
大井みどり動物病院のロゴ

ふじみ野市
大井みどり動物病院
水曜休診 10時〜

2020/10/23

心配なら検査しますの意

説明の話
 
砂時計の写真
 
 

 

 
 
 ふじみ野市の大井みどり動物病院です。今回は、「診察に関する」話です。
 
 
 

 診察のポイント


 
普通、病気は診断をして治療をします。病気に対する治療法は調べればたいていわかるので、診断にくらべると治療は難しくありません。
 

敵の正体を知ることが、検査です。限られた情報から、可能性のある疾患を列挙し、検査により、絞っていく力が、獣医師には要求されます。

 

とはいえ、是が非でも、正体を暴くことは必要ありません。余計な検査は、費用や時間の無駄です。治ることが第一なのですから、診断がつかなくても治ればオッケーです。

 

見誤ってはならないことは、緊急性があるのかどうか、経過とともにどうなっていくのかです。ここを、外さないことが、町医者の役目です。

 
 

心配なら



医者がよく、「心配なら検査します。」という場合は以下の考えがあります。

 
 

〈症状や経過、身体検査から考えると、急性のもので、大したことがなく、数日でよくなりそうである。けれども、可能性は低いが、重症化あるいは重病の可能性がほんの少しある。この場合は、経過がよくないはずであるから、悪くなったら、そこで、検査をしていくのが現実的だ。でも、ご家族が特に心配な場合、普通はしないが、検査をしておいてもいい。大きな問題がないことを確認できれば、安心材料になる。〉

 
 
けれども、こちらが、端折りすぎると「心配なら検査します」をご家族は

 

 

〈検査するのは、医者が決めることだ。こちらが判断することではない。〉

 

と、考えてしまいます。これはこちらの説明不足が原因で生じます。

 

「治らなかったら明日来て。」

「多分大丈夫。」
「ちょっと経過をみましょう。」
 
 
なども、だいたい同じです。
 
 
その言葉をそのままとると、誤解を招くことがあります。



これは現実にあった話です。言葉が、誤解をうまないよう、説明をしっかりするよう、肝に命じています。
 
 
 
 


 受付時間

受付時間 日祝
9:50-12:45
15:50-18:45

水曜休診
夏季休業なし
12月30日から1月3日休診

049-265-1212